ワガノワバレエアカデミー/人形の精、パキータ

Bunkamuraオーチャードホール。

取った時期が遅く、どうせ見辛いなら近い方にしてみよう!と前から2列目の席をとってしまい、つま先はほとんど見えなかったです。

目的はアレクサンドラ・ヒテーエワを見てみたかったからです。

出てきた瞬間主役オーラに包まれ、とにかく美人です。セヴェナルドといいパキータの真ん中は美人しかいないのでしょうか笑

思いっきり足を上げたりするタイプではありませんが、パの繋ぎが本当に美しくとても軽やかな動きです。

フェッテなんかは確かオールシングルですが、正確で本当に美しかったです。

ヒテーエワを見ようかどうか迷っている方、
絶っっ対に!見た方がいいです。
YouTubeではほんの少ししか魅力が伝わりませんが、生の舞台では何倍もの魅力を観客に伝えられるバレリーナだと思います。

リュシアンのマイケル・ジョージくんもジャンプが高くダイナミックでいいですね。

海の女王のVaのアナスタシア・スミルノワも踊りがダイナミックで目をひきました。

ここまではパキータの感想。

人形の精は初めて見ました。

可愛らしくていいですね。

人形の精役のリジー・アブサドジャニシヴィリは表情豊かでとても可愛かったです。

少し回転が苦手そうでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事